平成21年度 その1 TSによる三次元測量

06.03

平成21年 5月

会社付近の土地改良区において、TS(トータルステーション)による三次元化に挑戦してみた。

研究内容として、面的な地形の三次元化を目的とした。

 

場所 茨城県鉾田市安房地内

面積 A=500m×150m

 

結果

取得した平面図

①

 

現地写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

TSによる三次元データを作成

③

 

参考人工 外業  3.0人×3.0日

 内業  1.0人×3.0日

 

判断の一つとして、コンクリート構造物やアスファルト舗装など、人工物の少ない現場を選択した。

構造物が多い現場と比較して、作業工数は2割程度減となった。

※当時使用したソフトが現在利用不可のため、一部修正箇所あり。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る